活蟹と生蟹の違い

活蟹と生蟹の違い

蟹の通販を利用する時に注意する事の一つに蟹の状態があります。
ボイルした蟹なのか?それとも生なのか?
または、生きているのか?それとも冷凍なのか?
こんな違いです。
蟹の状態の違いによって、お料理できる範囲が変わってきます。
届いてみたら、思っていた蟹と違って、「食べたい料理が食べれなかった」なんて事にならない為にも蟹の状態を知っておく事は大切です。

活蟹とは?

活け蟹と表記されている物は間違える事もなく、簡単だと思います。
その名の通り、活きた蟹の事でショップから活きた状態で送られてくる蟹を言います。
稀に運送中に死んでしまう事はあっても、基本的に活きたまま届く事になります。
もちろん、最高の鮮度が保った蟹と言う事になりますので、どんなお料理にしても美味しくいただけるでしょう。

生蟹とは?

注意するのは生蟹と表記されている物です。
良くある勘違いは「生=活」と思ってしまう場合です。
生蟹とは活きている蟹の事ではありませんので、注意しましょう。
生蟹と表記されている蟹には大きく二つの場合があります。
一つはボイルなどの下処理を何もしないで冷凍している場合。
この場合は冷凍していますので、当然、活きてはいません。
ですが、冷凍しただけで、解凍すれば、生の蟹と言う事になります。
この場合は分かりやすいと思います。
ところが、最近、生の蟹と表記されている物にもう一つの場合があります。
それは「解凍するとそのまま食べれますよ」と言う意味で生蟹と表記されている場合があるのです。
「解凍するとそのまま食べれる」つまり、この場合はボイルした蟹を指します。
生と言う意味を「料理しなくても食べれます」と言う意味で使っているのです。
同じ生蟹なのに、一方はボイルしていない蟹を指し、もう一方はボイルした蟹を指しています。
ちょっと厄介ですよね。
通販する場合、この違いでトラブルになっている事が少なくありません。
ですので、生蟹を選ぶ時はちょっと注意が必要です。
場合によっては購入前にショップに確認する事も必要だと思います。

活蟹の選び方

「月夜の蟹」と言う言葉をご存知でしょうか?
蟹は月夜は月の光を怖がって、餌を食べないので、痩せていると言われます。
この事から痩せている蟹を月夜の蟹と言いますが、「活きているから美味しい」と言うわけではないんですね。
ですから、美味しい活け蟹を選ぶのにもポイントがあります。

蟹の動き

まず、一つ目のポイントは蟹の動きです。
当然ですが、活発に動いている方が鮮度も良く、身がしまっている可能性が高いです。
元気な蟹ほど、美味しい可能性が高いので、蟹の動きを観察してみましょう。

甲羅の硬さ

蟹は成長するにつれて脱皮を繰り返します。
脱皮してすぐは甲羅は柔らかく、その後段々硬くなっていきます。
甲羅が柔らかい時は自分の身を守る為に、あまり動かずに身を隠しています。
その為に、身はあまり詰まっていません。
逆に甲羅が硬く、また、傷がある物は動き回っている可能性が高く、身も詰まっている可能性が高いです。
ですから、甲羅はできるだけ硬く、さらに傷があれば、なおお勧めです。

甲羅のぶつぶつ

蟹の甲羅にはぶつぶつした物が付いている事がありますよね。
これはフジツボやカニビルと呼ばれる生き物です。
硬い甲羅に付く傾向があります。
また、脱皮してすぐの蟹にはあまり付かないので、甲羅のぶつぶつは美味しい蟹を見分けるポイントになります。
ちなみに、茹でた蟹の場合は業者が見栄えを良くするために、取ってしまう事が多く、活け蟹特有の見分け方と言えます。

腹の香と色

甲羅だけではなく、腹の部分も見分けるポイントになります。
蟹の腹は脱皮後すぐは白いですがだんだん黄色がかってきます。
ですので、腹は黄ばんだ物を選ぶのがおすすめ。
また、元気な蟹ほど、蟹の香りはあまりしません。
腹を嗅いでみて蟹の香がする物は鮮度が落ちていると考えると良いでしょう。

通販で活け蟹を選ぶには?

以上が活け蟹を選ぶポイントですが、生簀などで選ぶ場合は参考にできても、通販で選ぶ時は不可能です。
では、どうすれば良いのか?
残念ながら通販の場合は、直接見る事ができません。
その為に、正直なところ、方法は無いと思います。
だからこそ、信頼できるショップ選びがポイントになります。
ショップさんとの信頼関係が全てと言って良いでしょう。
口コミなどを参考にして、お気に入りのショップさんを見つける事。
これが一番大切ですね。

生蟹の選び方

生蟹を選ぶ時のポイントは3つです。

色、つや

色は鮮度と大きく関係しています。
茹でた物なら綺麗な赤色をしている物、そして、艶が良い物がおすすめです。

重さ

また、重さもとても大切なポイントの一つ。
身がしまっている物はやはり重いです。
大きさが同じぐらいの物を選んで少し持ち上げてみると良いでしょう。
軽い物は身がスカスカの可能性が高いです。

茹で方(ボイルの場合)

茹で方の良い物の方がやはり美味しいのは間違いありません。
ただ、実際には茹でている所は見れませんから、難しいところですが、甲羅が乾いて艶がなくなっている場合は茹ですぎている可能性があります。
また、逆に茹で方が短い場合はカニ味噌が固まっていない可能性があります。
この場合は持ち上げると味噌が混じった汁が出て来る事があります。
少し動かしてみて確認してみると良いでしょう。

 

いずれにしても、通販の場合は活け蟹同様、自分で確認する事が難しいのでショップ選ぶが大切です。
安心して送ってもらえる、優良店を見つける事、蟹の通販はこれが最も大切です。

蟹 通販 人気ショップランキング 

TVCM、ラジオ、新聞などでよく見かけるのご存知の方も多いかもしれません。
年間でなんと約15万セットの蟹を完売するという超人気の蟹通販店。
流通量が多いショップを選ぶのは通販選びの基本ですよね。


⇒ かに本舗 公式ページ
地元(北海道函館市)では、ホテルや旅館、寿司店などに卸売をしている老舗店の通販ショップです。
ご存知のようにお寿司屋さんや割烹など、業務店では鮮度と味は命です。
目利きの板前さんやシェフが納得する食材でないといけません。
それでいて価格も業界価格なのでリーズナブル。


⇒ 浜海道 公式ページ
お得感は若干落ちますが、蟹の品質で選ぶならこのショップがおすすめです。
いわゆる「ワケあり」と言われるような商品は置いてなくて、安心して購入できます。
でも、だからといって割高になっているわけではないので、コストパフォーマンスは非常に高いです。


⇒ かにまみれ 公式ページ