蟹の生食可と加熱調理用

蟹の生食可と加熱調理用

蟹を通販する時にはいくつか選ぶポイントがあります。
その一つは「生」「生食可」「加熱調理用」などの表記です。
これを間違えると調理方法が限られて、食べたいお料理が食べれなくなってしまいます。
今回はこの違いをご紹介したいと思います。

生食可とは?

生食可と表記されている物はその言葉通り「生で食べる事ができる」つまり、「この蟹はお刺身で食べても良いですよ」と言う意味です。
一昔前では蟹は通販はもちろん、スーパーでもボイルされた物がほとんどで生のお刺身を食べる事ができる蟹を手に入れる事は非常に難しかったです。
ですが、最近は流通システムが発達し、家庭でも蟹の刺身が食べれるようになりました。
この「生食可」と表示されている蟹はそういう蟹の事です。
ただ、「生食可」だからと言って、実際に活きている蟹が送られてくるとは限りません。
もちろん、活きた蟹を通販しているショップさんもあります。
ですが、冷凍であっても解凍後、生で食べる事ができる物も「生食可」と表記されています。
ですから、蟹のお刺身を食べたい場合は「生食可」と表記されている物を選ぶと良いです。

生とは?

ショップさんによっては「生」と表記されている物があります。
これを見ると「生で冷凍された物なの?」
場合にはよって「刺身でも食べれる蟹なの?」と思ってしまうかもしれませんね。
ですが、間違わないでください。
これは「生で冷凍した物」または「刺身で食べれる」と言う意味ではなく「解凍すると調理しなくても食べれる」と言う意味で使われている場合がほとんどです。
つまり、これはボイルしてある蟹と言う意味です。
「刺身で食べれる蟹」と「ボイルしてある蟹」とでは全く違いますよね。
ですが案外、勘違いしてトラブルになるケースもあるようです。
生の蟹とはあくまでも、「解凍後、調理しなくても食べれる蟹ですよ」と言う意味なのでご注意ください。

加熱調理用とは?

加熱調理用と表記されている物は一番分かりやすいかもしれませんね。
「解凍後、ご希望の調理方法で調理してから食べてくださいね」と言う意味です。
ですので、解凍後は蟹すきやもちろん、焼きガニや蟹しゃぶなど、お好みの食べ方で食べる事ができます。
ただ加熱して調理する事が必要なので、必ず火を通さないといけません。
蟹の刺身を食べる場合は「生食可」と表記されている物を選ぶ必要があります。

蟹 通販 人気ショップランキング 

TVCM、ラジオ、新聞などでよく見かけるのご存知の方も多いかもしれません。
年間でなんと約15万セットの蟹を完売するという超人気の蟹通販店。
流通量が多いショップを選ぶのは通販選びの基本ですよね。


⇒ かに本舗 公式ページ
地元(北海道函館市)では、ホテルや旅館、寿司店などに卸売をしている老舗店の通販ショップです。
ご存知のようにお寿司屋さんや割烹など、業務店では鮮度と味は命です。
目利きの板前さんやシェフが納得する食材でないといけません。
それでいて価格も業界価格なのでリーズナブル。


⇒ 浜海道 公式ページ
お得感は若干落ちますが、蟹の品質で選ぶならこのショップがおすすめです。
いわゆる「ワケあり」と言われるような商品は置いてなくて、安心して購入できます。
でも、だからといって割高になっているわけではないので、コストパフォーマンスは非常に高いです。


⇒ かにまみれ 公式ページ