日本海のかにを通販

「蟹と言えば日本海」と言うイメージを持たれている方は非常に多いと思います。
実際に日本海は蟹の種類も豊富で高級ブランド蟹の産地がたくさんあります。

 

「できれば、現地で新鮮な蟹を食べたい!」
こんなふうに思っていても「現実にはなかなか時間が取れない」
そんな方は通販がおすすめ。
お家で手軽に美味しい日本海の蟹を食べる事ができますよ。

日本海の蟹

ズワイガニ

水深約200m〜600mに棲んでいる蟹です。
深海に生息するので詳しい生態がまだよくわかっていません。
主に食されるのは雄ガニで11月から3月の間漁が解禁になります。
間人蟹や越前蟹、津居山蟹などのブランド蟹もズワイガニです。

 

松葉ガニ

基本的にズワイガニと同じ蟹を言います。
ただ、水揚げされる地域によって呼び名が違います。
山陰、丹後地方の京都、兵庫、鳥取、島根では松葉蟹と呼ばれます。
福井県では越前蟹と呼ばれます。
また、北海道や外国産のズワイガニも同じ種類の物です。

セコガニ

ズワイガニの雌の蟹を山陰地方ではセコガニと呼びます。
雄に比べると甲羅が小さく、丹後地方では冬のおやつとして親しまれてきました。
内子(卵巣)と外子はご飯のお供には最高です。
解禁時期が11月初旬〜1月初旬と雄のズワイガニ比べて1ヶ月短いので最近はなかなか手に入れにくい蟹になりました。

紅ズワイガニ

深海450m〜2,500mとズワイガニ以上に深い深海に棲むカニです。
ズワイガニよりも水分が多く、甘味があるジューシーな身が特徴です。
ズワイガニに比べると身体がオレンジ色がかった紅色をしています。
兵庫県、香住港、鳥取県、境港は紅ズワイガニの産地として有名です。

蟹 通販 人気ショップランキング 

TVCM、ラジオ、新聞などでよく見かけるのご存知の方も多いかもしれません。
年間でなんと約15万セットの蟹を完売するという超人気の蟹通販店。
流通量が多いショップを選ぶのは通販選びの基本ですよね。


⇒ かに本舗 公式ページ
地元(北海道函館市)では、ホテルや旅館、寿司店などに卸売をしている老舗店の通販ショップです。
ご存知のようにお寿司屋さんや割烹など、業務店では鮮度と味は命です。
目利きの板前さんやシェフが納得する食材でないといけません。
それでいて価格も業界価格なのでリーズナブル。


⇒ 浜海道 公式ページ
お得感は若干落ちますが、蟹の品質で選ぶならこのショップがおすすめです。
いわゆる「ワケあり」と言われるような商品は置いてなくて、安心して購入できます。
でも、だからといって割高になっているわけではないので、コストパフォーマンスは非常に高いです。


⇒ かにまみれ 公式ページ