金沢のかにを通販

 

金沢は美味しい蟹の産地でもあります。
金沢はちょうど暖流と寒流がぶつかり合う地点でこの影響で日本海の蟹の中でも特に美味しい蟹が取れるのです。

 

金沢の蟹は雄の蟹を加能ガニ、雌の蟹を香箱ガニと言います。
蟹の種類としてはズワイガニで、橋立漁港、金沢港、輪島港などで水揚げされます。

 

加能ガニ、香箱ガニ共に知名度はまだまだそれほど、高くありませんが、非常に上質の蟹として注目されています。
また、平成13年からブランドの証明である産地を示すタグが作られるようになりました。

加能ガニ

加能ガニの解禁は?

加能ガニの解禁は11月6日。
その後、3月20日ぐらいまでが漁ができる期間になっています。

加能ガニの価格は?

加能ガニは越前蟹などの、いわゆるブランド蟹の仲間入りをしています。
その為に、本物はかなり高いです。
普通のサイズで1万円、大きなサイズ(1.5kg程度)なら1杯で5万円を超える事もあります。
ただ、これは加能ガニに限った事ではなく、松葉ガニなども同じぐらいです。
ちなみに京都の間人蟹はもっと高いです。

加能ガニの味は?

身がぎっしりと詰まり、ふっくら、ぶりぶりの歯ごたえと上品な甘みが特徴です。

香箱ガニ

香箱ガニの解禁は?

香箱ガニはズワイガニの一般的な期間よりも短く、解禁日が11月6日。
そして、終了が1月6日まで。
つまり、2ヶ月程度の非常に短い期間しか手に入れる事ができません。

香箱ガニの価格は?

香箱ガニは雌の蟹と言う事で加能ガニと比べるとお値段はかなりリーズナブルです。
大体1杯が1000円〜1,500円程度です。

香箱ガニの美味しい食べ方

茹でて、外子、内子、カニ味噌を身と一緒に食べるのがおすすめ。
地元の方は鍋物や味噌汁の具としても食べているそうです。

蟹 通販 人気ショップランキング 

TVCM、ラジオ、新聞などでよく見かけるのご存知の方も多いかもしれません。
年間でなんと約15万セットの蟹を完売するという超人気の蟹通販店。
流通量が多いショップを選ぶのは通販選びの基本ですよね。


⇒ かに本舗 公式ページ
地元(北海道函館市)では、ホテルや旅館、寿司店などに卸売をしている老舗店の通販ショップです。
ご存知のようにお寿司屋さんや割烹など、業務店では鮮度と味は命です。
目利きの板前さんやシェフが納得する食材でないといけません。
それでいて価格も業界価格なのでリーズナブル。


⇒ 浜海道 公式ページ
お得感は若干落ちますが、蟹の品質で選ぶならこのショップがおすすめです。
いわゆる「ワケあり」と言われるような商品は置いてなくて、安心して購入できます。
でも、だからといって割高になっているわけではないので、コストパフォーマンスは非常に高いです。


⇒ かにまみれ 公式ページ